知っていれば合格率アップ!クレジットカードの審査基準

知っていれば合格率アップ!クレジットカードの審査基準

一番大事なのは年収の額と安定性

クレジットカードの審査基準で最も重要になるのが、どれぐらい年収があるのかという点です。年収額が多ければ多いほど審査にパスできる可能性は高まります。ただ、単純に年収額が多くても、それが長続きしないとダメな場合もありますから、その点には注意しておきましょう。毎年安定して継続的に高収入であるかどうかがポイントとなるわけです。公務員のような安定した職業に就いていると有利でしょう。自営業者は安定性の面で弱いので、限度額が低くなるケースがあります。

他社でローンを借りていないかもチェックされます

カードローンをすでに使っている人は、その情報もチェックされると考えておくべきですね。こうした借金に関する情報というのは、各金融機関の間で共有されるものになります。いくら本人が口をつぐんだところで意味はありません。すでに他社でローンを組んでいる人は、その分評価がマイナスされることを覚えておくべきでしょう。無闇に複数の会社でお金を借りるのはやめておくのがいいですね。一社だけと付き合うのがベストな方法になります。

ときには家族について調べられることも

個人の範囲を超えて、家族についても調べられるケースがあります。限度額が低いクレジットカードの審査ならそこまでの調査はしませんが、限度額が多くなれば、個人の枠を超えて様々なことが調べられるのだと覚悟しておきましょう。クレジットカード会社も損を出すわけにはいかないので、限度額が上がれば審査基準も変わるのが当然です。家族に怪しい動きをしている人がいれば、それで審査にパスできないこともあります。家族を含めてクリーンでいることが何よりも重要になります。

今の時代、クレジットカードの審査は厳しくなってきました。CMなどで審査いらないなどとうたっている所もあります。