知らなきゃ損する!?税理士の資格の取り方いろいろ

知らなきゃ損する!?税理士の資格の取り方いろいろ

コツコツと勉強をして資格を取る

税理士といえば、記帳会計といったことをしながら税金に関する申告をしてくれる税のスペシャリストですよね。「税」という名前がついている通り世の中の人にも分かりやすい資格の1つです。そのような資格ですからなかなか取得するのは難しいわけですが、税理士の資格というのは科目合格制という仕組みが取られています。一度にすべての科目を合格する必要はなく一つ一つ合格していけば最終的には資格を取ることができるという仕組みです。そのため税理士試験はコツコツと勉強して時間をかけてでも資格を取得するということができるのです。コツコツとするようなタイプの人はこの方法で税理士の資格を取ると良いでしょう。

大学院に行って科目免除を狙う

税理士の資格を取るには科目合格制という方法があるので、コツコツと勉強していくということが1つの方法としてあるのかわかりましたね。ところがそのコツコツと勉強する科目を減らす方法があるのです。それは大学院に行くということです。大学院に行き、一定の条件をクリアすれば、税理士試験の科目をいくつか免除することができるのです。大学院に行くお金がかかってしまいますが、なかなかコツコツと勉強して取ることができないような人はこのような方法を検討してみると良いでしょう。

公務員になってしまう

税理士の資格を取るにはコツコツと勉強していく方法と、大学院に行ってしまうという方法があることがわかりました。ところがもう一つ税理士の資格を取る方法があるのです。それは公務員になってしまうということです。公務員は公務員でもどの公務員でもいいわけではありません。税務署などの公務員になるという方法です。税務署の職員の人で一定の条件をクリアしていれば税理士になる資格を得ることができるのです。現実的に税務署のOBなどは税理士になってる人が多いのもこのような制度があるからです。税理士になるために公務員なるというのもいいと思いますし、将来的に定年後に税理士として働きたいというような人がこの方法を検討してみると良いでしょう。

税理士国家試験対策を自分で行なっている方は、それらをもっと効率よくするためにも税理士の講座で勉強してみましょう。